Category Archives: Uncategorized

深セン日本人学校PTA 親向け講演会

12月13日に深セン日本人学校PTAの皆様向けに講演会をさせていただきました。

テーマは『インターネット被害から子供を守る』でした。

photo

内容は下記のような内容でしてみました。

・何をどうしたらよいのかではなく、何が脅威なのか。

・報道でよく取り上げられた《LINEはずし》ってなんなのか。

・iPhone, iPad, iPod, Android の様なデバイスで提供するアダルトサイトブロック機能をどう設定して使えば良いか

・監視はどこまで出来るのか、遠隔でパソコンから携帯電話を操作して現在地から、現在何をしているのかを音を拾ったりすることができる等。

最後は少々雑談になってしまいましたが、最初の方は皆さんの静かに聞かれていて私もその空気に緊張していましたが、最後の方は積極的にご質問等をしていただけて非常に嬉しかったです。

そこで、このようなお話が出来る人がいないか、IT分科会リーダーであるCRESCERE HONG KONGの藤田 裕士さんに相談したところ、Internet Solutions Limitedの川村 健太様をご紹介頂き、川村様は元香港日本人学校出身との事で快くお引き受け下さいました。

■今回、講演会後、保護者の方から頂いたメッセージを紹介させて頂きます。

お忙しい中にも関わらずお心を砕いて対応してくださったおかげで、深セン日本人学校の保護者はこのように有益なお話をうかがうことができました。

なんと御礼を申し上げたら良いのやら言葉もございません。ありがとうございました。

会場の後ろの方に座って硬い表情で聞いていた保護者のみなさんが、川村様のデモンストレーションを交えたわかりやすいお話にどんどん前に出てきて、デモンストレーションなさっている川村様の手元を覗き込むようにして川村様を取り囲んで活発に質問をし、自分たちのタブレット端末を取り出して積極的に試し出したり、それぞれにメモを取る様子を見て、来ていただけて本当に良かったと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

実際に参加した保護者の感想を聞いてみましたが、LINEのプライバシー保護に関する設定方法や、子どものiPhoneをあからさまにではなく監視する方法、ゲーム機器だと油断して普段何気なく与えてしまっているDSにも注意を払う必要があるというお話などが、特に印象的だったようです。

このご縁に感謝しております。今後とも本校PTAに変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

社内でのコミュニケーション、社外とのコミュニケーション

商品紹介みたいになるのが少々このblogのあり方に反しているのですが、語りたい事を書くと言う意味では反していないので書くことにしました。
良く有る事ですが、社内のやり取りにメールを使用している人、一昔前ならそんなのメールで送ってくださいよ、時間が有るときに読みますからとメールで送って貰っていた内容も今では取引先、上司、部下、同僚、知人、家族・・・メールの量は増える一方、流し読みで大事な取引先のメールを見逃していたり、上司や部下からのメールを確認するのが遅れて(多分大きな商売を先に行うので後回しにした結果)小さいとはいえ商売チャンスを失ったりしているそんな事は有りませんか? 私はここに宣言します、今後メールの時代は徐々に終わっていきます。 何故か、それは昔の手紙で有り、ファックスで有り、テレックスで有り、BBSが最近誰も使わなくなってきたのと同じ理由で時代の流れから離れつつ有るのでは無いかと私は考えているからです。

社内のやりとりで、メールを使ってやりとりをしていると必ず1通のメールが返信内容で2通に別れ、4通に別れそれこそ一昔前に流行った鼠講ビジネスの様に多種類に別れていき内容がバラバラになる、誰かが返信を誰か一人にすると混乱を生む、どれが最新のデータかわからなくなったあげくミスをする。 これをグループウェアと言うツールを使う事で、掲示板になり、電子申請書になり情報がバラバラにならない上最新のデータを常にみんなで共有できるからです。
これは恐らく皆さんがやっているであろうFacebookやMixiと言った友達とのやり取りに使われていて常に最新の情報が一番上に来るし、必要な人に必要な時に連絡が取れるからです。こんな便利な方法をビジネスに生かさないのはもったいないですよね。これで社内のコミュニケーションがスムーズに必要な人に必ず最新の情報が一番上に出てくる環境を提供できる。

またファイルサーバーのファイルにしても同じ事が言えます、ファイルを日時で管理したり、ファイル名で管理していても人間は必ずミスをおかす。そんな不確かな要素を抱えて仕事をしていても別の不安に教われる、ここにドキュメント管理システムを導入すると間違えて上書きや編集してしまった場合でも過去のファイルを直ぐに呼び戻す事ができる。

社外に対しても同じで取引先や大事な顧客とやりとりする社外グループウェアや、メールの誤送信を防ぐ為に有る(下記の図の用な感じで)

image

時代はこれからも代わり続けていくと思う、最近の人は記憶力がかけていると思う。(私もその分類に入るが)電話番号を昔の人は簡単に覚えていたと言うが、今30代前後の人は覚えている電話番号を挙げさせても多分、5個思い付いたら良い方でしょう、でも今も全線で戦っている40代以上の人たちはそれを簡単にこなせる、でも現代だからできる現代の方法でそれを補えるそんなソリューションを提供していきたいと思っています。

クラウドのメリットデメリット

今回クラウドサービスをテストトライしてもらっているお客様と世間話をするチャンスが有りました。その事について少し話したいと思います。

我々ITを仕事としている人間にとってクラウドにする事のメリットが多くリスクが非常に低いのは当たり前な事だと思いますが、実際に使うユーザー様はクラウドは名前の通り雲の上に有る見えない存在なのだと良く理解しました。

考えてみればそうかもしれません、私も自分得意な業種以外の方に売り込みに来られた場合、全てを理解できる訳ではありません、ただITとは違って他の業種は数字で表したり、実際の物を見せたりとある程度理解をしていただく手段が有りますが、ITしかもクラウドサービスにはそれが有りません。 今回のお客様は偶然弊社データセンターを見るチャンスが有り、こういう所で監視管理を行っているんですね、なんか使うのがもっと安心できましたと言っていただけました。

ISLではデータセンターの見学を何時でも受けております、自社の大事なデータを預ける場所がどういう所なのか、まだサービスに加入されていない方や数100ドルの安価なサービスだとしても安心を買うと思い交通費と人件費をかけて是非一度弊社データセンターを見に来てください。皆様の見学依頼をスタッフ一同心よりお待ちしております。

日本語受け付け:トーマス 2781-8131
通常受け付け:27109880
他にも日本語が可能なスタッフがおりますので、トーマスに繋がらない場合はこちらで ジャパニーズスタッフ プリーズとおっしゃっていただければ対応可能です。

中国の結婚披露宴

先日東莞でT総経理の結婚披露宴に行ってきました。中国人の綺麗な女性をお嫁さんに貰った超幸せいっぱいな結婚式でした。
image2

香港では結構色々な結婚式に参加している私ですが、中国でしかもお客様の結婚式に参加するのは初めてだったので色々と調査をしたので、それを共有使用と思います。

「御祝儀」
まず御祝儀ですが、色々語って結局と言われるといけないので最初にお伝えしておくと、まあ最終的には自分の懐と相談の上でした(笑) 相場的には 少なくても500人民元これは最低限との事でした、一番好いのは「8」の付く数字じゃあ800人民元でもと思ったのですが、そこでスタッフから一言恥ずかしいのでせめて2000人民元は積めてくださいと言われ、まあそれぐらいは入れないとなと思いじゃあ8がつく数字って言うと2800人民元?ちゅうと半端だな・・・8000人民元!?それは懐が厳しすぎる・・・と言うことでとりあえずできる限り気持ち包みました、ちなみに結局8はつきませんでした!(笑)

「服装」
赤とかピンク等の色が良いと言われていたのですが、まあ派手だし普通に白いワイシャツにネクタイで行きましたがしかし!そんな滑降しているのは日本人だけで中国人の人はみんなポロシャツにジーンズひどい人はTシャツにジーンズでした。あ~そんなもんか、まあ日本人の人も居るしこの格好をしてきて正解だったかもしれません。

「入場時間」
開始時間より早く行って麻雀をしていたり、トランプをしているのが一般的な香港の結婚式(賭けてます)なのですが、これまた不思議、土曜日だったので早めに行きもちろん早く到着してなかに入ると普通に皆お酒を飲みながら話をしていました。まあさすが日本人の集まり名刺交換が始まってちょっと新鮮な感じでした。

「乾杯」
私も香港ではかなり色々な結婚式を経験していて、まあイッキと言えばブランデーやウィスキーの原液をコップに3分の1飲む感じのが多かったのですが、さすが中国期待を裏切りません、中国の有名なお酒と言えばバイジュウ、アルコール度数がとにかく高い、臭いも独特でとてもたくさんは飲めないこれをガンガンイッキする中国人の人たちの横でこっそりとあまり飲まない方向で頑張りましたが、結局ベロベロに酔っぱらいました・・・(汗) 車を運転している人は飲まない様に!安全第一です。

「引き時」
まあ長く居座っても邪魔になるだけなので、デザートが出てそれを食べたら挨拶をして切り上げるのが優しさでしょう。いつまでもダラダラ居座られると困ると思います。
まあお二人がお客さんのお見送りを始めたらそのタイミングが一番良いタイミングだと思います。

最後に、とても好い披露宴だったと思います、少し感動しました。そして最後にもう一度
T総経理 御結婚 おめでと~ございます。

image6

image4

image1

 

D-Quick7 深圳セミナー

昨日 D-Quick7のセミナーを行いました。その様子を少々お見せします。

DSC_4981

文章から図面を管理して行くとても良い商品でした。

何よりもこのソフトを使うことによって、会社で起きる問題の大半を回避できる非常に素晴らしい

ソフトウェアでした。

承認システムがついていて、書類に対してアクセス制限の他認証機能も搭載しており、日本では当

たり前な事をシステムが強制的に行うので、

興味が有れば是非下記の担当にご連絡下さい。

香港
トーマス +852 2710-9880

深圳
伊藤 +86 755-8220-5880

メールは下記のアドレスにお願いします。
jpsupport@mail.isl.hk

東莞和橋会

東莞和橋会にマーケティングの神現る

9月7日(土曜日)に新人営業を連れて東莞和橋会に行ってきました。30人以上の人が集まってきていて、とりあえず営業活動はまあまあ行えました。
そんな中日本からわざわざ来て講師をして頂いた。 脇田勝利先生
内容は非常に当たり前な事なのですが、全てが新鮮で忘れていた昔行っていた事等を的確に指摘していただきました。 正にドリームマーケティングそのものでした。

人生で初めて内容が頭に勝手に入ってきて為になったセミナーでした。さすがマーケティングの神様です。

wakyokai

BNIイベント

久しぶりにBNIの朝食会に参加しました。

BNI (Business Network International) は、世界最大級の異業種交流会です。

この朝食会は週一で行われており、朝7時から8時半までの1時間半会議を行います。私も元メンバーとして遅刻してはいけないと30分前に到着してみると、既に殆どの人が集まっておりなんと皆さん6時半に集合が当たり前との事で、出席するのは社長やGMなど大変忙しい方々ばかりでした。

話を聞くと早朝のこの時間帯はどの時間帯よりも掛かってくる電話の少ない時間帯で、集中してビジネスネットワーキングができると朝から元気な人ばかりでした。

また、30分早く来るのは理由が有り、会が始まると本日初めて来てもらった人達と名刺交換ができないので、早く行きより多くの人と知り合うのが目的だそうです、さすがBNI(笑)。

会が始まると会の現在の状況や今月行われたビジネスの量や合計金額が発表され、メンバーが一人1分間のプレゼンテーションを行います。 プレゼンテーションは先週紹介されたお客さんのだったり、今売りたい 商品の紹介だったり、特例(特に成功例)のストーリーだったりしました。ここでメンバーに今どの様なお客さんを欲してるかと、お客さんにどのように紹介してもらいたいかを1分間で伝えます。これは毎月行われるトレーニングで皆頑張ってブラッシュアップしている様です。

この一分間のプレゼンテーションは非常に便利で、今でも道で久しぶりに会った人に簡単な説明を行うのに非常に便利で、時々新しいのを考えては脳みそに埋めつけています。

実は一つこの会には特別な所が有り、グループのメンバーが必ず異業種で有る事、同じ業種の人は絶対に居ないのです。まあ少々無理やりな部分も有りますが、メインで販売したい物が重ならない様になっています。その為幾つものグループに別れて活動をしておりますが、勿論グループ間での交流も結構有りますので広く知り合えます。

英語か広東語 深圳には中国語のチャプターが有りますので、一度参加して見るのも面白いかもしれません。

ちなみに世界中に有るので、私は大阪と東京のチャプターにも参加しました。

BNIのほかに、下記の同好会にも参加しました、後日改めて紹介させて頂きます。

和僑会   http://www.wa-kyo.org/
日本人会 (東莞)  http://sekaoku.com/cn/links/japanese.html
八日会 http://ameblo.jp/ciasia/entry-10189530134.html

こにちんは、Keetapadです

こにちんは、Keetapadです。

私は前社長から会社をお預かりした新米経営者のキータパッドと申します。
ここで経営者の卵が色々な先輩経営者にアドバイス貰った事や自分の経験した事をシェアしていきたいと思っています。

今当面考えていかないといけない課題として
経営状況を把握する
経営方針をを定める
社員の福利厚生を見直す
会社ルールを見直す
等・・・・

先は長いですね。とりあえず新米経営者になったので、会社の経営状況を把握する為に作ったプログラムを紹介します。

 [iSoho]
使用目的:見積もり発行から請求書の支払い状況までを通常業務で使用すると、営業状況をスマートフォンで簡単に見られる。

主な機能。
01. マスター管理による簡単入力、お客様情報や商品の情報も簡単に検索して入力可能。
02. スタッフの作成した見積もりをメールのリンクをクリックするだけ簡単認証。
03. MacやiPhoneでも使える。商談中に見積書を発行することも可能。
04. 見積もりの詳細を簡単に変更可能、特殊なお見積もりに対応可能。
05. 見積もりを簡単PDF化、そのままメールに添付して送信可能。
06. 見積もりを簡単操作で請求書に。
07. 請求書を簡単PDF化、そのままメールに添付して送信可能。
08. 入金があれば請求書に記録してクローズ。
09. 会計システムとリンクして入力の2度手間3度手間を解消、入力ミスも減ります。

詳細情報の依頼はこちらから
http://isoho.sioi.net/index.php/subs